日本ラグビーフットボール協会トップページ コーチネット・トップ

COACH NET

2022年度A級コーチ講習会(トップアスリート会場)実施報告

2022年度のJRFU A級コーチ講習会トップアスリート会場のラグビー専門科目がオンラインと集合講習のハイブリッド型で開催されました。

 

講習内容はWorld Rugbyコーチングコースレベル1&2を中心に、日本ラグビーの取り組み、ラグビーのS&Cに、トピック科目としてインティグリティ、World Rugbyコーチングコーチレベル3から2つ科目を加えたプログラムで行われました。

 

3日間のオンライン講習と2日間の集合講習を行いました。集合日の実技では暑い中集中力を切らさず、アドバイスを受けたことをすぐに取り入れる飲み込みの速さは、さすがトップアスリートといった感じでした。 

 

毎年、トップアスリート会場はプレーヤー時代をライバルとして、またチームメイトとして共に歩んだ方々が指導者となって再会する場でもあります。今年の参加者の方々も再会を楽しみながら、真剣に学びの時間を楽しまれていました。

 

また現役のトッププレーヤーも参加していました。現役時代に指導者資格にチャレンジする、また現役時代から指導者としての活動を始めるトッププレーヤーが増えています。アスリートがセカンドキャリアを見据えて現役時代から引退後の準備を始めることは大切な心がけですね。

 

参加された方々の今後、益々のご活躍を心から応援すると共に、S級コーチ講習会で再会できることを楽しみにしております。

 

資格区分:A級コーチ

会場名:トップアスリート会場

日程:2022年6月15日(水)~17日(金)オンライン講習/2022年6月18日(土)~19日(日) 集合講習

参加者:33名





科目と講師一覧

・World Rugby コーチングコースレベル1&2

小畑江至、今田圭太、古川新一、二ノ丸友幸、川合レオ(World Rugbyエデュケーター) 

・ラグビーのS&C/村上貴弘(JRFUコーチング部門委員&World RugbyS&Cエデュケーター)

・JRFUの取り組み/ 川合レオ(JRFUコーチング部門部門長)

・ 運営スタッフ:大瀧史子

 

                      報告:日本ラグビー協会普及育成委員会コーチング部門