日本ラグビーフットボール協会トップページ JRFUビジョン コーチネット・トップ

COACH NET

Rugnet(セミナー)「フランスラグビーから学ぶ若手育成の哲学」実施報告

 日本ラグビーフットボール協会技術委員会HPコーチング部門が主催する「Rugnet(指導者の勉強会)」が港区にある日本ラグビー協会のオフィス内ジャパンクラブにて開催されました。

 

 今回はU20国際大会を2連覇しているフランスラグビー協会から、フランスU20代表ピケロニ監督、ルチエール技術委員長をお招きし、フランスラグビーの若手育成の哲学と仕組みについてお話をいただきました。

 

急遽、開催が決まり、募集期間が10日間と短かったにも関わらず38名の方が参加されました。ラグビーワールドカップでの日本代表の活躍もあってか、日本のコーチの方々が世界のラグビーからも知識を得たいという意欲の高まりを感じました。

 

 RugnetはJRFUの指導者資格保有の有無に関わらず、誰でも参加できる形で募集を行います。よって、今回も他競技のコーチの方々もご参加くださいました。他競技のコーチの方々がラグビーから学ぼうとする姿勢に触れたことは、ラグビー指導者の参加者にとっても刺激があったことと思います。

 

 最後に改めまして、今回ご登壇いただきましたフランスラグビー協会のU20代表ピケロニ監督、ルチエール技術委員長に厚く御礼申し上げます。

1.日 程   10月10日(木)19:00~21:00

2.場 所      日本ラグビー協会ジャパンクラブ(日本協会2F)

3.内 容      フランスラグビーの若手育成の哲学と仕組み

 (1)U20フランス代表連覇の要因

 (2)FFR(フランスラグビー協会)強化施設

 (3)ユースカテゴリーにおける連携および年間強化体制

 (4)フレンチラグビーにおけるコーチング哲学

 (5)U20における強化施策

-フランスラグビーの最大の武器

-チーム強化におけるフィジカル面の位置付け

-グランド上でのコーチ間の役割分担

-個人主義の強いフランスでの一体感やチームワークの醸成の工夫

-試合前の準備

4.  講 師 フランスU20代表ピケロニ監督、ルチエール技術委員長、中竹竜二(コーディネーター)

5. 参加者 35名  

(ピケロニ監督による講義)

(受講者の真剣な様子)

(ルチェール技術委員長による講義)

主催:日本ラグビーフットボール協会技術委員会HPコーチング部門

報告者:藤森啓介