日本ラグビーフットボール協会トップページ JRFUビジョン コーチネット・トップ

COACH NET

2021年度コーチカンファレンス

平素はラグビー普及発展に多大なるご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。新型コロナの感染拡大に伴い、2021年度のコーチカンファレンスも動画を視聴するオンデマンド方式での開催となりました。

 

集合型の研修会は難しい状況ですので下記に動画をご用意しました。各自でご視聴いただき、指導者としての学びの機会としてください。

 

また資格更新が必要な皆様につきましては、下記に記載する手続きを行うことで資格更新が可能ですので、この機会をご利用ください。

 

またオンライン特別セミナーも開催いたします。詳細は下記のバナーよりお進みください。※特別セミナーへの参加は資格更新の義務ではありません。

 

尚、JRFUにおけるダイバーシティ&インクルージョンの取り組みの一環として、コーチカンファレンスでは動画に字幕を加えています。

資格更新を希望される方へ

 

 <資格更新までの流れ>

1. ビデオ(テーマ1から6)を視聴してください。
2. レポートを提出してください。
3. レポートを提出すると資格更新料の支払い方法(更新料1,000円)についての情報がメールにて送付されます。
4. 9月30日(木)までに更新料の支払いを完了してください。※期日厳守

<注意>

・視聴確認の意味でレポート提出は義務となっております。
・レポートを提出しても更新料が振り込まれなければ更新はされません
・レポートに不備のある場合(合計400字未満/視聴確認が難しい文章など)は再提出となります。
・開催期間終了後の1ヶ月程度(11月初旬)までに資格更新の完了の可否をご連絡いたします。
・レポート送付後に数秒で自動返信メールが届きます。届かない場合は必ず下記までお問い合わせください
・今回の資格更新料の1,000円はJRFUの更新料となります。日本スポーツ協会のコーチ1と連動するB級コーチ、コーチ3と連動するA級コーチの方は、別途、日本スポーツ協会への資格登録料の支払いも必要となります。日本スポーツ協会の登録料については日本スポーツ協会からの指示で行ってください。

 

・JRFUコーチ認定番号のお問い合わせ

https://www.jrfu-members.com/coach/

 

・日本スポーツ協会コーチ認定番号のお問い合わせ

https://www.japan-sports.or.jp

 

お問い合わせ先

 (公財)日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会コーチング部門

メール:jrfucoach@rugby-japan.or.jp

 

1.「JRFU中期戦略における普及育成計画について」約20分

講師:西機真氏(日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会委員長)

 

概要

日本ラグビーフットボール協会では、2050年までの長期的なビジョンや目標を策定、及び2024年までの具体的な中期戦略計画を策定しました。動画では普及育成委員長の西機氏より、協会全体の長期的なビジョン及び、普及育成に関わる戦略についてお話しいただきます。ラグビー関係者の皆さまにおかれましては、中長期戦略をご理解いただき、実現に向けてご支援とご協力をお願いいたします。

 

◆JRFU中期戦略計画WEBサイトはこちらから

◆戦略計画PDF資料ダンロード

2.「コーチング部門の中期戦略について」約10分

講師:川合レオ氏(日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会コーチング部門長)

 

概要

指導者養成を行うコーチング部門の中期戦略計画を説明する内容となります。有資格者の皆さまにおかれましては、中長期戦略をご理解いただき、有資格の仲間を増やすご協力をお願いいたします。

3.「安全とインテグリティについて」合計約40分

1)World Rugbyのプレーヤーウェルフェアの動向

2)脳振盪の確認テストおよびアンケートのお願い

3)ラグビー憲章を考える

4)ハラスメントの撲滅に向けて

 

講師:斎藤守弘氏(日本ラグビーフットボール協会安全対策委員長・インテグリティ推進部部長)

 

概要

World Rugbyはプレーヤーウェルフェア(選手の安全・安心)において世界で最も先進的なスポーツになるという決意を示すための6項目の計画を発表しました。ラグビーの発展は指導者のプレーヤーウェルフェア(選手の安全・安心)の意識、さらにはハラスメントを撲滅できるかどうかにかかっています。動画を視聴し、ご自身の知識、意識、行動をチェックする機会としてください。

 

またラグビー界には独自のチェックリストであるラグビー憲章が存在します。ラグビーの魅力を未来に継承するためにも、改めてラグビー憲章を考え、現場で実践していきましょう。

 

◆JRFU安全対策WEBサイト(ラグビー外傷・障害対応マニュアル等のダウンロード可能)

◆日本スポーツ協会「スポーツ現場におけるハラスメント防止動画」

◆ラグビー憲章の専用WEBサイトはこちらから(準備中)

4.コーチングパート

「チームのパフォーマンスを向上させるリーダーシップについて」約20分

講師:矢野広明氏(日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会コーチング部門委員/日本体育大学エクセレンスセンター)

 

概要

リーダーシップの研究の変遷や、スポーツの世界で注目されているリーダー像などについて、日本体育大学コーチングエクセレンスセンター所属の矢野氏よりお話をいただきます。  

 

☆MentimeterのURL☆

【入力用URL】

https://www.menti.com/7vhb78k3na

 

【確認用URL】

https://www.mentimeter.com/s/2e3f179140c6d4f870537552075fa509/97e8f4c340de 

5.ストレングス&コンディショニングパート

「長期選手育成について」約15分

講師:村上貴弘氏(日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会コーチング部門S&C担当/株式会社バイタルストレングス)

 

概要

これまで若年層の主なラグビー環境は週末のラグビースクールでの活動でしたが、昨今、アカデミーと言われる平日の練習環境も増えています。さらに今後、リーグワンに加盟するトップチームが若年層のプレーヤー育成に関与することも増えて行くことでしょう。活動機会の増大は日本ラグビーにとって間違いなく有益なことですが、プレーヤーの発育発達の知識を無視した活動の増大は燃え尽き症候群やスポーツ障害などを引き起こす可能性もあります。そこで本動画ではS&Cコーチの村上氏より長期的な選手育成についてお話をいただきます。指導者が正しい知識を持って若年層のプレーヤーにとってより良い環境を作って行きましょう。

6.アナリストパート

「トップリーグは世界に近づいたのか 〜データーで比較する〜」約20分

講師:宮尾正彦氏(日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会コーチング部門アナリスト担当/日野レッドドルファインズヘッドアナリスト)

 

概要

2019年ラグビーワールドカップで日本代表がベスト8入りを果たした男子15人制。世界での今後益々の活躍が期待される中、2022年1月から国内ラグビーの新リーグ「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビーリーグワン)」が始まります。リーグワンでは海外リーグ加盟チームとの対戦など世界での飛躍も目指しています。本動画では、このような状況を踏まえ、宮尾氏より海外リーグと日本のトップリーグのデータ比較などのお話をいただきます。