日本ラグビーフットボール協会トップページ JRFUビジョン コーチネット・トップ

COACH NET

2020年オンラインA級コーチ専用ページ

皆さまのA級コーチへのご参加を心から歓迎いたします。今年度のA級コーチ講習会は栃木国体関係者に限定した開催となります。ご存知の通り、日本スポーツ協会との協議の結果、オンラインでの実施となり、それに伴って、自宅学習を行うことが日本スポーツ協会での認定条件となっております。下記に課題をお送りします。提出期日までに課題の提出をお願い致します。

 

提出先:日本ラグビーフットボール協会コーチング部門

メール:jrfucoach@rugby-japan.or.jp

メールタイトル:A級/提出期限日付分/氏名(例 A級/提出期限10月2日分/日本太郎)

 

提出方法:課題はワードで作成して提出してください。

※ワールドラグビーのオンラインの認定書はPDFを添付してください。

※動画はデータ便等を活用して送付してください。

 

◆資料について

1.ワールドラグビーテキスト(3冊)、2.実践グッドコーチング、3.ラグビー外傷・障害対応マニュアル、4.スターコーチ講習会テキスト以外の資料は事後配布(メール送付)となります。

 

◆課題について

事前課題の記載内容(文字数は厳守)は合否の判定には影響しません。日頃のご自身の考えを整理して参加してもらう内容となります。

World Rugbyの各種オンライン学習システム

脳振盪について  https://playerwelfare.worldrugby.org/concussion

救急法について  https://playerwelfare.worldrugby.org/firstaidinrugby 

10月14日提出分までの事前課題】

事前課題シート(10_14) 2.xlsx
Microsoft Excel 58.1 KB

提出期限:2020年10月2日(金)事前提出課題5個(①③④⑤⑧)

課題①【自己紹介】※事前に下記より入力

自己紹介は下記のフォームから記入してください。自己紹介は他の受講者の方にも共有されます。

課題②【ワールドラグビーレベル1】※提出は不要

受講者は資料を読んだうえで講習に参加すること。

WRレベル1ワークブック&マニュアル.pdf
PDFファイル 4.1 MB

課題③【ワールドラグビーのオンラインコース】※事前に提出

事前に下記のオンラインコースを受講して、認定書のPDFを送付する。

「Rugby Ready」http://rugbyready.worldrugby.org   

「競技規則 」 オンラインコース  http://laws.worldrugby.org

 

課題④【日本ラグビー協会の取り組み】※事前に提出

「インテグリティ追求とコンプライアンス遵守」の動画を視聴して、講義で伝えている内容をまとめよ。(400字以上)

課題⑤【7人制ラグビー】※事前に提出

下記に記載した各セットプレーについて7人制の特徴を簡単に説明せよ。

・ キックオフ・キックオフリスタート・スクラム・ラインアウト

課題⑥【ラグビーS&C】※提出は不要

動画を視聴したうえで講習に参加すること。

課題⑦【ラグビーの歴史】※提出は不要

受講者は資料を読んだうえで講習に参加すること。

2020年栃木県A級「ラグビーの歴史」配布資料.pdf
PDFファイル 348.3 KB

課題⑧【プレーヤーウェルフェアⅠ】※事前に提出

シナリオの状況から、コーチであるあなたはどのような行動をとり、医療従事者が来るまで、どのような点を意識して対処するか説明せよ。「コンタクト練習中にふと視線をグランドから離した。グランドに視線を戻すと選手が意識を失ってグランドに倒れていた。他の選手も、一瞬の出来事で、なぜ倒れたのか原因がわからないと言う。」(200字以上)

 

課題⑨【ラグビーの理解】※提出は不要

動画を視聴したうえで講習に参加すること。

提出期限:2020年10月14日(水)事前提出課題6個(②③⑦⑧⑨⑩)

 

課題①【コーチングアプローチ】※提出は不要

ワールドラグビーレベル1ワークブック(P19ページからP20)にあるコーチングアプローチを読み、日頃の自分の指導を振り返り、Tell、Sell、Ask、Delegateの割合を合計100%なるように表現せよ。また、このアプローチの使い分けについての考え方を述べよ。※当日にプレゼンをしてもらいます。

 

課題②【コーチングスタイル】※事前に提出

あなたの思う今の時代に求められている指導者像と控えるべき指導者像」について述べよ。(200字以上)

 

課題③【コミュニケーション※事前に提出

日頃の自分の指導で選手とのコミュニケーション方法で意識している点について述べよ。(200字以上)

 

課題④【コーチングプロセス】※提出は不要

ワールドラグビーレベル1ワークブック(P25ページからP28)を読み、自分で撮影した練習動画(5分)をみて、自分のコーチングプロセスについて、P28の下段にあるチェック表で自己評価をせよ。※当日にプレゼンをしてもらいます。

 

課題⑤【長期育成計画】※提出は不要

ワールドラグビーレベル1ワークブック(P33ページからP38)にある長期育成計画を読み、年代別指導方法のワーク(P35ページからP38)を完成させよ。※当日にプレゼンをしてもらいます。

 

課題⑥【指導上の倫理・ステークホルダーコード】※提出は不要

ワールドラグビーレベル1ワークブック(P41ページからP42)に示されている「World Rugbyが推奨するコーチのコード」を事前に読み、ここに挙げられている10項目(最後に示されている「コーチの責務」は除く)について、日頃の指導で注意していること、自分の弱み、強み等をまとめよ。※当日にプレゼンをしてもらいます。

 

課題⑦【コーチングセッションの原則】※事前に提出

練習メニューを作成時に意識していることについて述べよ。(200字以上)

 

課題⑧【コアバリュー】※事前に提出

下記にある動画を視聴し、ラグビーの5つのコアバリューの中で、自身が最も大切にしているものとその理由について述べよ。(200字以上)

課題⑨【フィロソフィー】※事前に提出

あなたのコーチングフィロソフィー(哲学)を漢字1文字で表し、その理由(200字以上)も述べよ。

 

課題⑩【実技動画の撮影】※事前に提出

ご自身の5分間の実技動画を撮影してください。

・プレーヤー役2名以上

・キャッチ&パスの練習動画

・声が聞こえるように撮影してください。

・指導対象年齢はご自身で設定してください。

第1回個人面談(実施済み)

面談スケジュール※時間は一人20分程度となります。

10月18日(日)①22:00-22:20 ②22:20-22:40③22:40-23:00      

10月19日(月)①22:00-22:20 ②22:20-22:40③22:40-23:00       

10月20日(火)①21:40-22:00②22:00-22:20③22:20-22:40④22:40-23:00 

10月21日(水)  ①21:00-21:20②21:20-21:40③21:40-22:00④22:00-22:20⑤22:20-22:40⑥22:40-23:00 

フィードバックスケジュール.xlsx
Microsoft Excel 28.1 KB

提出期限:2020年10月28 日(水)事前提出課題4個(③⑤⑥⑦)

 

課題①【ワールドラグビーレベル2】※提出は不要

受講者は資料を読んだうえで講習に参加すること。

WR レベル2 ワークブック.pdf
PDFファイル 2.6 MB
WR レベル 2 マニュアル JA.pdf
PDFファイル 3.2 MB

課題②【攻防の理解】※提出は不要

下記の動画と資料に目を通したうえで講習に参加すること

Shape of the Game(川合).pptx.pdf
PDFファイル 14.7 MB
ラグビー憲章.pdf
PDFファイル 2.4 MB

課題③【キーファクター/ファンクショナルロール/セレクション】※事前に提出

普段、プレーヤーやゲームを分析する際にどのようなことに注目して分析しているかを簡単に説明せよ。(200字以上)

 

課題④【プレーヤーフェルフェアーⅡ】※提出は不要

ワールドラグビーレベル2ワークブック(P56ページからP57)にあるワーク(シナリの対処)を完成させよ。※当日にプレゼンをしてもらいます。

 

課題⑤【プレーヤーフェルフェアーⅡ】※事前に提出

スクラムとタックルの際の危険要因を述べよ。(200字以上)

 

課題⑥【プレーヤーフェルフェアーⅡ】※事前に提出

スクラムとタックルの指導について安全確保の為に伝えるべきテクニックのキーファクターと指導する際に安全面で配慮すべきコーチングポイントを述べよ。(200字以上)

  

課題⑦【実技動画の提出】※事前に提出

8分間の実技動画を提出してください。

・プレーヤー役2名以上

・声が聞こえるように撮影してください。

・指導対象年齢はご自身で設定してください。

 

練習のテーマ

攻防の原則から紐付けてテーマを説明し、そのテーマの練習のゴールもご自身で設定してください。

 

テーマは下記のいずれか

・キャッチ&パスに再チャレンジ

・1対1、2対1、2対2、3対2

 

実技のポイント

・プレーヤーウェルフェア(安全を第一に考える。) 

・原則と関連づけた説明

・練習の達成目標(ゴール)の明確化(練習で何を達成しようとしているのか。)

・キーファクターの提示(シンプルであること。数が多くないこと。)

・コーチングアプローチ

・コーチングプロセス

・オープンクエスチョン

・プライスレス(ゲーム形式)

第2回個人面談

・第2回の個人面談の前に下記の質問票を事務局まで送付してください。

・提出するファイルはPDFもしくはWorldで提出してください。

・意味がわからない質問は無記入で構いません。

 

評価表提出先:日本ラグビーフットボール協会コーチング部門

メール:jrfucoach@rugby-japan.or.jp(10月31日に面談する方は講習会終了後の30分間で質問票を作成し担当エデユケーターまでご送付ください。川合<leo@rugbypark.jp   小畑<obata@bellmare.or.jp>)

メールタイトル:A級/WR評価評/氏名(例 A級/WR評価評/日本太郎)

面談スケジュール ※時間は一人20分程度となります。

【回答期日:10月26日(月)】

10月31日(土)①22:30-22:50②22:50-23:10③23:10-23:30

11月1日(日)①20:00-20:20②20:20-20:40③20:40-21:00④21:00-21:20⑤21:20-21:40

⑥21:40-22:00⑦22:00-22:20⑧22:20-22:40 ⑨22:40-23:00   

11月2日(月)①22:00-22:20②22:20-22:40③22:40-23:00 

11月3日(火)  ①21:00-21:20②21:20-21:40③21:40-22:00④22:00-22:20⑤22:20-22:40⑥22:40-23:00 

WRL1質問票.pdf
PDFファイル 833.4 KB
WRL1質問票.docx
Microsoft Word 15.2 KB
WRL2評価質問票.pdf
PDFファイル 785.6 KB
WRレベル2評価質問票.docx
Microsoft Word 71.2 KB

提出期限:2020年12月17日(水)提出課題5個(①②③④⑤⑥)

 

課題①【アスリートセンタードコーチングレポート】

下記の場所にある2つの動画を視聴し、今後、自分のコーチングで心がけることについて感想を述べよ。(文字数:1,000字以上

 

文部科学省委託事業「大学スポーツ研究活動資源活用事業」

アスリートセンタードコーチングWEBサイト

動画1「アスリートセンタードコーチング」

動画2「プロセス・コーチング」

https://www.nittai.ac.jp/coaching/movie/index.html

※動画が視聴できない方は下記の記事を読んでください。

東京都スポーツ文化事業団競技力向上テクニカルサポート事業WEBマガジン

「コーチが変われば環境が変わり環境が変われば選手が変わる。」

http://www.tef.or.jp/sports-science/magazine/sp/page01.jsp?id=197179

課題②【他競技に学ぶレポート】

「他競技に学ぶ(ウェルチェラグビー)」の講義を聞いての感想を述べよ。(文字数:300文字以上)

 課題③【ワールドラグビー6セッションダイアリー】

・講習会受講後、それぞれの指導現場に戻り日々の指導(6回分)のダイアリーを提出する。

・スポットコーチの方は6回分の練習を記入してください。

・プレーヤーで提出期間までにコーチをする機会のない方は、ご自身が受けたコーチングを記入してください。

A級課題 6 sessions diary.xlsx
Microsoft Excel 70.3 KB

 課題④【自己成長計画シート】

自己成長計画シートを提出する。

2020A級コーチ自己成長計画シート.xlsx
Microsoft Excel 26.2 KB

課題⑤【専門科目試験】

下記よりテスト用紙をダウンロードして回答を記入して提出してください。

2020試験問題(問題).docx
Microsoft Word 36.4 KB

課題⑥【WRパスポートアドレス】

WRパスポートに登録したメールアドレスを申告する。

課題⑦【アンケート】

下記のアンケートに回答してください。回答内容は今後のJRFUの講習会のより良い発展のために活用させていただきます。